開発の近況や上手な使い方などをご紹介

アグリノートウィーク#7 / あのカエル、何者!?



 

さて、1週間続けて参りましたアグリノートウィーク、最終日でございます。

今回はアグリノートのシンボル、カエルについて少しばかり昔話をさせていただきたいと思います。

カエルの前身

アグリノートは、経済産業省関東経済産業局「平成23年度地域新成長産業創出促進事業費補助金」という事業の実証実験として、にいがた産業創造機構の支援を受けて開発されました。

当時のパンフレットをお持ちの方はご存知のことと思いますが、当時のロゴがこんな子でした。

そう、オタマジャクシです。

作業や生育を見守る試作システムということで、田んぼで元気に育つオタマジャクシをシンボルにしていました。

カエルの由来

実証実験のオタマジャクシが、正式サービスに育ってカエルになりました。

一応、アグリノート開発・運営チーム代表の長井さんの中では、カエルはカエルで語呂合わせのような由来があるらしいのですが、それはまた追々語っていくと致しましょう。

終わりに

そんなわけで、1週間続けて参りましたアグリノートウィーク、これにて閉幕となります。

アグリノートの原型が生まれてから丸2年、一般公開からも、そろそろ1年が経とうとしていますが、今回の正式版の公開及び有料化からが、本当のスタートだと考え、スタッフ一同気を引き締めてシステムの開発に努めて参ります。

皆様のご愛顧と応援のほど、よろしくお願い致します。1週間、ありがとうございました!