開発の近況や上手な使い方などをご紹介

[新機能紹介] Androidアプリを更新します



Androidアプリを7/28(月)にver2.2.0へと更新します。

今回は、ご要望の強かった、項目の複数選択をはじめとして、機能改善を行いました。

現在多くご要望を頂いております「圃場・作付選択の画面の表示が遅い」問題につきましては、ver2.3.0での改善を予定しております。今しばらくお待ちくださいませ。

それでは、今回の機能追加・改善の内容について紹介して参ります。

項目の複数選択ができるようになりました

作業記録を作成するとき、各項目(作業者、農薬、肥料、機械)をチェックボックスにより同時に複数選択することができるようになりました。

また、作業者の作業時間を入力する時も、複数の作業者の時間を一括で入力することができます。

複数選択

直近の予定・指示が見やすくなりました

ホーム、区画の記録一覧、作付の記録一覧の各画面での記録の並び順(上→下)が、「予定・指示」では日付が古いものから順番に並ぶようになりました。

予定

「記録・実績」は日付が新しいものから順番に並びます(これまで通りです)。

実績

生育記録の内訳の表示を改善しました

「入力した値の最大値1つと最小値1つを取り除いて、残りの値の平均を計算」の設定で生育記録を作った際、どの値が除かれたのか分かりづらかった点を改善しました。

設定

作成した記録詳細を参照すると、生育データの最大値と最小値が灰色で表示されるようになりました(「入力した値を全て利用して平均計算」の場合はこれまで通りです)。

最大値と最小値は外されます

横画面の表示を改善しました

端末を横画面にしたとき、記録作成のボタン、地図などを左右に配置することにより、詳細の表示部分が広くなり、以前より見やすくなりました。

圃場詳細

記録の一覧表示も広くなりました。

ホーム

生育記録の計測地点を選択・作成できるようになりました

計測地点の選択

ブラウザ版またはアプリから作成(後述)した計測地点を選択して、生育記録を作成することができるようになりました。

生育記録を作成するとき、「圃場・作付」項目で新しく「計測地点から選択」を選べます。

生育記録の作成に項目が増えました

計測地点の選択

計測地点の作成

順を追って説明していきます。

1.計測地点の選択画面で「作成」をタップします。

作成ボタン

2.どの区画・作付について計測地点を作成するかピンをタップして選択すると、計測地点の位置を指定できるようになります。

区画の選択

3.計測地点の位置を指定するには、マップ上をタップしてください。

タップ!

計測地点ができました

色を指定したり、名前を付けたりして、OKボタンを押せば作成完了です。

記録に入れられました