開発の近況や上手な使い方などをご紹介

[A-N eye]アグリノートから農業ニュースをお届けします!初回は「スマート農業の展望について」



アグリノートから農業関連の情報をお伝えします!

こんにちは!アグリノート・サポートチームです。

 

本日より、隔週で皆様に農業情報をお届けするA-N eye(アグリノートアイ)を開始いたします。

A-N eyeではアグリノート・サポートチームから見た農業に関する情報を、

私たちの気になる順に紹介していきたいと思います。

 

さて、気になる初回のテーマは・・・

 

スマート農業の展望について

今年の初めにこんな記事を見かけました。

この記事では10の業界が挙げられていますが、

なんと10の業界のうち一番最初に農業が紹介されています。

農業界へのIT活用に非常に注目されている様子が伺えますね。

 

また、最近の調査ではスマート農業の国内市場規模は2020年に300億にも上ると予測されています。

スマート農業国内市場は、2014~2016年度は農業クラウド・複合環境制御装置・畜産向け生産支援ソリューションなどの栽培支援ソリューションが牽引し、2016年度以降は、気象予測と連携した販売支援ソリューションや経営支援ソリューションが拡大し、2020年度には308億4,900万円までの市場拡大を予測する。

「スマート農業に関する調査結果」 株式会社矢野経済研究所 2015年4月16日より

 

記事内にもある通り、すでに様々なサービスが立ち上がり農業に新しいソリューションを提供しています。

今後、急激な発展が予測されている農業界ですが、

5年後にはITは農家さんにもっと身近な存在になっているのだろうと思います。

 

アグリノートは5年後も農家さんのお役に立てているでしょうか。

そんなことが気になって、初回はスマート農業について取り上げてみました。

 

次回もお楽しみに。