プレスリリース

トップページ プレスリリース アグリノートが日本GAP協会推奨システムになりました

アグリノートが日本GAP協会推奨システムになりました

 

アグリノート 日本GAP協会推奨システムに!
~マップ上で圃場、作業場所をわかりやすく管理。作業履歴は各種トレーサビリティにも対応~

クラウド型農業支援サービス「アグリノート」を中心に農業に関するシステムを開発・運営するウォーターセル株式会社(本社:新潟市、代表取締役:長井啓友、以下ウォーターセル)は、主力サービスである「アグリノート」が、このたび一般財団法人日本GAP協会より、同協会が推奨する農場管理システムの決定をいただきましたことをお知らせいたします。

 

■ 手軽でわかりやすい。さらに記録が活用できる理想的な管理ツールへ

アグリノートはサービス提供開始以来、ご利用いただく皆様の声を反映する形で企画・開発を進めてきました。航空マップ上での圃場の管理、モバイルアプリによるかんたん・手軽な作業記録の保存、さらに圃場単位での作業履歴の確認、進捗の可視化など、円滑な営農管理をサポートするツールとなるべく、日々進化を続けています。
そしてこのたび、日本GAP協会より、同協会が定めた「食の安全や環境保全に取り組む農場に与える認証」であるJGAP/ASIA GAPの管理・運営に対応するシステムであると認められ、日本GAP協会推奨システムとなりました。

 

JGAP/ASIA GAPは、農林水産省が推奨する農業生産工程管理の手法のひとつで、農作物を生産する農場や生産者団体が活用する「農場・団体管理の基準」であり、適切に管理・運用されていることを認証する制度です。農薬・肥料の管理をはじめ、さまざまなリスクへの対処、組織の管理など、食の安全や環境保全に関する多くの基準が定められており、この基準を満たすと確認された農場に認証が与えられます。

 

アグリノートをご利用いただくことでJGAP/ASIA GAPの導入および継続の負担が軽減され、基準に則した適切な農場管理を実践する、食の安全や環境保全に取り組む農場として、消費者や食品流通関連より信頼の獲得に繋がることが期待されます。

アグリノートは、今後も生産者の皆さまとともに、更なるサービスの拡充に努めてまいります。

JGAP対応農場管理システム推奨決定書