プレスリリース

トップページ プレスリリース 「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始しました

「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始しました

 

 新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社は、各企業が有する革新的技術を組み合わせ、スマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理することで、稲作の省力化や低コスト化、高品質化に向けた定量的評価を行うことを目的に、実証実験を開始しました。

 

プレゼン図6-5_web用

 

■背景

 新潟市は平成26年5月に国家戦略特区に指定されて以降、規制緩和を活用した事業に加え、革新的技術を有する大手企業や農業ベンチャーと連携し、複数の実証プロジェクトを立ち上げるなど、国内最先端のICT農業を積極的に進めてきました。しかしながら、得られた情報の一元管理や取組みの成果の可視化が難しく、大きな課題でした。

 

■プロジェクト概要

 本プロジェクトでは、各企業が有する革新的技術を組み合わせ、クラウドで一元管理して「結果の見える化」を実現することを目的に、下図のとおり、データに基づく水稲の栽培管理を実証していきます。
モニターはアグリノートのアクティブユーザーである「有限会社米八(新潟市南区)」で、作付品種は、昨年本格栽培が始まった新潟県の新品種「新之助」です。
実証区(36a×2箇所)と慣行区(10a)を設け、実証区ではスマート農機やリモートセンシングなどの最先端技術を投入するとともに、収穫後に収量や品質等について、慣行区と比較検証する予定です。

 

実証プロセスイメージ

 

■各事業者の役割

役割表

 

■実証スケジュール

 事業期間は2ヵ年で、事業1年目に農業情報の一元管理・見える化(オープンイノベーション)、事業2年目に農業情報を基にした農業経営支援(商業ベースでの機能強化)に取り組みます。また、各生育ステージにおいて、プレス公開による実演を行う予定です。

 

実証期間

 

■当リリースに関するお問合せ先

<スマート農業 企業間連携実証プロジェクトについて>
新潟市ニューフードバレー特区課 小出、近
TEL:025-226-1864
E-Mail:foodvalley@city.niigata.lg.jp
<スマート農機について>
井関農機株式会社 IR・広報室
TEL:03-5604-7709
E-Mail:isk-info@iseki.co.jp
<アグリノートについて>
ウォーターセル株式会社 スマート農業推進部
TEL:025-282-7368
E-Mail:release@agri-note.jp
<ドローンによるリモートセンシングについて>

株式会社スカイマティクス 問い合わせ窓口
E-Mail: info@skymatix.co.jp

<人工衛星によるリモートセンシングについて>
日本アジアグループ株式会社
コーポレート・コミュニケーション部 国際航業 広報担当
E-mail:info-kkc@kk-grp.jp