導入事例

トップページ 導入事例 GAP 安全で安心なものを提供しなければいけない。口に入るまで管理する、食の安全性に対する意識が高まりました。

安全で安心なものを提供しなければいけない。口に入るまで管理する、食の安全性に対する意識が高まりました。

糸島農業様

– GLOBALG.A.P.の認証を受ける取り組みの中で、苦労した点はどのようなことでしょうか。

「衛生面ですね。食べるものを提供するわけですから、安全で安心なものを提供しなければいけない。口に入るまでの管理という点で、各場所について衛生管理を確実にしていくことですね。」

– GLOBALG.A.P.に取り組む前と認証取得後で、どのような変化がありましたか。

茄子「安全なものを提供するということは、ここまでしなければいけないのかと勉強にもなりましたし、食の安全性に対する意識が高まりました。また当然それを継続していかなければならないので、継続していくには癖にしていく、身について当たり前になれば苦ではなくなりますから。」

– アグリノートをご利用いただいて1年ほどになりますが、GLOBALG.A.P.への取り組みの中で活用できた部分はありますか。

スマートフォンを操作「作業してきた記録をずっと残してきて、過去に何をしたか、例えば農薬なら散布するにあたって、いつ何リットル使用したという記録があれば、次はどこでどうするかといったスケジュール管理もできますし、いつでも過去にやったことを振り返られるのは便利でしたね。」

  • JR九州ファーム

    JR九州ファーム株式会社
    記録は自分たちのために取るべきものです。 そこから改善しなければならないことが見えてきます。
  • 玉名農場 田中様
    JR九州ファーム 玉名農場
    安全に対する意識が浸透。自分たちが国際レベルの対策をしていることを誇りに持つことが大切です。
  • 宇土農場 前村様
    JR九州ファーム 宇土農場
    最初のリスク評価が実は一番難しいのですがとても重要。現在は健康管理も含め勉強会を実施しています。