アグリノートは、GLOBALG.A.P.やJGAPの認証を取得された皆さまにご利用いただいています。

世界100カ国以上で実践されている、Good Agricultural Practice(=GAP):農業生産工程管理、適正農業規範。
GAPには、世界基準の農業認証とされる『GLOBALG.A.P.』をはじめ、JGAPや都道府県が認証するGAPなどがありますが、「食の安全と持続可能な生産管理」ができている証として注目されています。

アグリノートは、一般社団法人日本GAP協会より、JGAP/ASIA GAPの推奨システムに認定されています。

JGAP/ASIAGAP

アグリノートをご利用いただくことで、JGAP/ASIA GAPの認証取得に効率的に取り組むことができます。

JGAP/ASIAGAP対応農場管理システム推奨決定書
JGAP/ASIAGAP対応農場管理システム推奨決定書

私たちJGAP指導員がサポートします!

アグリノート・サポートチームには、JGAP指導員資格を有するスタッフが複数在籍しています。
JGAP/ASIA GAPの認証取得に向け、アグリノートをどのように活用したらよいか、皆様と一緒に取り組み、アドバイスさせていただきます。

アグリノート・サポートチームAさん
アグリノート・サポートチームBさん

アグリノートではじめるJGAP/ASIA GAP

JGAP/ASIA GAPの認証取得に向け取り組まれている皆様へ、アグリノートの設定や記録作成のポイントをご紹介します。

[1]JGAPに適したリスク評価の記録

JGAPやGLOBAL G.A.P.では年1回以上のリスク評価を求める管理点が複数あります。
このリスク評価に焦点をあわせてアグリノートの活用方法をご紹介します

[2]JGAPに適したリスク評価の記録 -立て看板活用編‐

第1回でご紹介した、リスク評価の対象となる施設を「圃場」として登録し、その圃場に対し作業記録として「リスク評価」を行う方法のほかにも、新機能の『立て看板』を使ってリスクを管理・評価することができます。
『立て看板』機能を活用してどのようにリスク評価を記録するのかをご紹介します。

GAPで使える!アグリノート

ご案内パンフレットをご用意しております。専用ページよりダウンロードしてご覧ください。

GAP認証事例

GAPの認証を受けるには、「食品の安全」「労働の安全」「環境保全」などについて細かな審査があります。
どのような課題があり、それをどのように改善したのか。GAPの認証を受けることでどのような変化があったのか、アグリノートユーザーの皆さまのGAPへの取り組みを伺いました。