操作マニュアル

土地情報の設定

土地を追加する

STEP. 1

設定」メニューの「土地情報」をクリックすると土地情報設定画面が開きます。

土地を追加する_STEP1

STEP. 2

土地一覧ウィンドウ上部の「+(プラスアイコン)」を押してメニューを表示し、「土地情報を追加」を押して土地情報を追加します。

土地を追加する_STEP2

STEP. 3

土地情報画面が開きますので、「ピン」か「区画」で位置を指定します。

「ピン」で登録する場合はSTEP. 3-A
「区画」で登録する場合はSTEP. 3-B

土地を追加する_STEP3

STEP. 3-A ピンで登録する

画面中央のピンを移動させて任意の場所に配置します。

土地を追加する_STEP3-A

STEP. 3-B 区画で登録する

区画を利用」をチェックすると、区画作成画面が開きます。

設定したい位置の角を一筆書きになるように、順番にクリックします。 クリックした位置は、アルファベットのピンをマウスで移動し微調整できます。完了しましたら、「区画の確定」を押します。

最大で26画まで指定できます。

土地を追加する_STEP3-B

土地情報作成のポイント

土地を追加する_土地情報作成のポイント

登録種別の変更

ピンから区画へ・区画からピンへの変更が可能です。

また、区画を使用していて区画の再作成を行いたい場合、「区画の再作成」を押すことで新たに作成できます。

手順は「STEP. 3-B 区画で登録する」と同じです。

土地を追加する_登録種別の変更

区画の位置・面積を確認する

圃場を「区画」として作成した場合は、地図上に作成した圃場の緯度経度、参考面積、各辺の長さが自動で表示されます。実際の数値との比較等でご活用ください。

区画の位置・面積を確認する

土地の情報を入力する

STEP. 1

土地の名称を入力します。

土地の情報を入力する_STEP1

STEP. 2

行の追加」を押して入力欄を表示します。

土地の情報を入力する_STEP2

STEP. 3

住所・地番を入力します。

土地の情報を入力する_STEP3

STEP. 4

面積を入力します。

土地の情報を入力する_STEP4

STEP. 5

土地の所有者を設定します。

土地の情報を入力する_STEP5

所有者を追加する

+追加」を押すと入力行が表示されます。名前と耕作者整理番号を入力し「保存」を押すと追加されます。

耕作者整理番号は、任意の文字を自由に設定できます。

土地の情報を入力する_所有者を追加する

所有者を編集・削除する

編集する
各行の「鉛筆」アイコンを押すと、登録されている内容を変更できる形式に表示が変わります。内容を修正したら「保存」を押して、変更内容を保存します。

削除する
各行の「ゴミ箱」アイコンを押すと、対象行を削除できます。

※ 削除した所有者情報は元に戻せませんので、ご注意ください。

土地の情報を入力する_所有者を編集・削除する

STEP. 6

土地の面積を入力します。 お手元の資料や計測されたデータを基に入力してください。

土地の情報を入力する_STEP6

住所・地番の総面積について

住所・地番情報を複数設定した場合は、入力した面積の合計を自動で計算します。

土地の情報を入力する_住所・地番の総面積について

住所・地番情報を削除する

各行の「ゴミ箱」アイコンを押すと、対象行を削除できます。

※ 削除した住所・地番情報は元に戻せませんので、ご注意ください。

土地の情報を入力する_住所・地番情報を削除する

STEP. 7

農地区分を選択します。

「所有地」の場合はSTEP. 8
「借地」の場合はSTEP. 7-1

土地の情報を入力する_STEP7

STEP. 7-1

契約期間の開始日と終了日を設定します。それぞれの日付欄から日付を選択し期間を設定してください。

契約期間が存在しない場合は「指定なし」を選択してください。

土地の情報を入力する_STEP7-1

STEP. 7-2

賃借料・小作料を入力します。

土地の情報を入力する_STEP7-2

STEP. 8

メモを入力できます。 項目以外の内容を記録する場合にご活用ください。

土地の情報を入力する_STEP8

入力内容を保存する

保存」ボタンを押して、入力した内容を保存します。

入力内容を保存する

土地の削除について

削除したい土地を一覧から選択し、詳細画面の「削除」ボタンを押すと土地を削除できます。

※ 削除した項目は元に戻せません。

入力内容を保存する_土地の削除について

動画で見る