使い方の流れ

クイックスタート

アグリノートへようこそ!ここでは、アグリノートの基本的な使い方をご紹介します。
この基本をおさえると、アグリノートをスムーズに使うことができます。
なお「アグリノートの活用方法が知りたい」という方は、アグリノートの知恵袋もご覧ください。

使い方の流れ

アグリノートは、次の3つの操作を繰り返して使います。

agri-note cycle

それぞれの操作ですること・できること

それぞれの操作ですること・できることは主に以下のとおりです。

  • 設定する

    圃場、作付、作業項目、農薬、肥料、作業者など、ご自身の農業の記録をつけたり、農作業の計画や予定を立てたりするのに必要な項目を登録します。

  • 記録する

    いつどこで誰が何の作業をしたか、どんな農薬・肥料をどれだけ使ったかなどを記録する「作業記録」や、作物の生育状態を記録する「生育記録」のほか、「収穫記録」「出荷記録」などの記録を入力して保存します。

  • 記録を見る

    保存された各種の記録を地図やカレンダーで確認したり、作付ごと、圃場ごとに集計したデータを確認したりできます。

使い方の流れの説明は以上です。