アグリノートを設定する

設定する

圃場、作付、作業項目、農薬、肥料、作業者など、ご自身の農業の記録をつけたり、農作業の計画や予定を立てたりするのに必要な項目を登録します。
まずは、最も基本的な設定項目である「圃場」と「作付」の設定をしましょう。

設定方法

アグリノート上部の「設定」を押すと、設定画面に進みます。

cap_an-setting01

圃場を設定する

作物を栽培する田畑やハウス、事務所など、地図上で管理したい土地や建物を登録します。
設定メニューの「圃場」を押すと、圃場の設定画面に進みます。

cap_an-setting02

地図上で圃場を探します。
登録したい圃場の近くの建物の名称や住所を入力して検索すると便利です。

cap_an-setting03

続いて、画面上の「+」ボタンを押して圃場を追加します。

cap_an-setting04

アグリノートの圃場には、「ピン」と「区画」の2種類があります。
圃場の形を表現する必要がない場合や、事務所などの建物を登録する場合はピンがおすすめです。

「圃場(ピン)を追加」を選択するとピンが出現しますので、登録したい場所にピンを移動し、圃場名や作付面積などを入力して保存します。

cap_an-setting05

圃場の形を表現したり、位置情報から計算した参考面積などを利用するには区画がおすすめです。
「圃場(区画)を追加」を選択すると区画の入力画面になります。
登録したい圃場の頂点をクリックして形を決めていきます。
希望する形になったら「画数を確定」を押して確定します。

cap_an-setting06

圃場名や作付面積などを入力して保存します。
区画の場合、緯度経度情報から計算された「参考面積」が表示されますので、参考にしてください。

cap_an-setting07

まずは3つ程度、圃場を登録してみましょう。

cap_an-setting08

作付を設定する

栽培する作物の種類や栽培する圃場、栽培期間、作業の計画などを登録します。
設定メニューの「作付」を押すと、作付の設定画面に進みます。
「+」ボタンを押して、作付を追加します。

cap_an-setting09

作付名、作目、栽培する圃場を選択します。
※作付名は「さつまいも2019春植」のように年や時期を記載すると識別しやすくなります。

cap_an-setting10

画面を下にスクロールして、栽培期間や作業時期の大まかな計画を入力します。
期間は厳密に設定する必要はなく、広めに設定するとよいでしょう。
入力が終わったら、保存します。
※その作付に使用する予定の農薬、肥料、その他資材を設定することもできますが、ここでは割愛します。

cap_an-setting11

圃場と作付の設定の説明は以上です。