開発の近況や上手な使い方などをご紹介

[連載企画]アグリノートどうでしょう?
  ~ユーザーの声~ vol.16 高橋農場様



GPS自動操舵システムで精密農業を推進!

こんにちは!スマート農業推進部の菅原です。

今回は、3月に参加したファームノートサミットにもご来場いただいた北海道の高橋農場様のもとに、お邪魔させていただきました。
北海道にも少し遅めの春が到来し、近場の湿地に花咲く水芭蕉がとても綺麗でした。


ユーザーさま No,16:高橋農場様
高橋様01

  • 地域/北海道石狩郡新篠津村
  • 主要作目/水稲・小麦・大豆

高橋農場では、51haを家族で耕作しています。
アグリノートを使うまでは、作業記録をノートに記入して管理していましたが、年を重ねるごとに冊数が増していくと整理が煩雑になり、蓄積した記録を常に携帯できるツールとしてアグリノートを使っています。

一日の農作業後に、パソコンで作業記録を作成するのは、疲れ切った体ではなかなか難しいので、作業の合間にAndroidアプリで記録を作成しています。

高橋様03

アグリノートも記録をカレンダーで確認できるようになったので、重宝しています。
カレンダーから新規記録作成や、天気情報も入力できるようになるとより一層便利ですね。

将来的には機械のメンテナンス記録なども入力して、一元管理できるようになることを期待しています。
同様に、入力したデータを分析してコストなどが把握できるようになると、広くアグリノートの利用が進むと思っています。
今後の機能発展に要望が生かされることを期待しています。

高橋様02

昨年度、新篠津村によるRTK基地局設置にともない、現在では誤差数cmの精密農業を実践されているそうです。

GPS自動操舵システムを利用している作業の様子を撮影しyoutubeで公開していらっしゃいますので、是非ご覧になってください。

トラクターの自動操舵中は、手を離していても大丈夫なので、乗っていてもアプリで作業記録程度なら作成してしまえるそうです。
作業効率が向上し、疲労感が軽減した、ということで、自動操舵の導入はかなり効果的だったとのことで、今年もどんどん使っていくそうです。

我々アグリノートも同じように農業ITの先端を邁進したいと思っています。
皆様!今後も宜しくお願いいたします!!