プレスリリース

トップページ プレスリリース 株式会社穂海、有限会社穂海農耕との業務提携について

株式会社穂海、有限会社穂海農耕との業務提携について

~ 大規模稲作生産法人の営農管理でのアグリノート活用を加速 ~

 ウォーターセル株式会社(本社:新潟県新潟市、代表取締役:長井 啓友)は、株式会社穂海(本社:新潟県上越市、代表取締役:丸田 洋、以下「穂海」)および有限会社穂海農耕(所在:新潟市上越市、代表取締役:丸田 洋、以下「穂海農耕」)と、大規模稲作生産法人の営農における課題解決および効率化に向け、自社が提供する農業日誌・圃場管理ツール「アグリノート」の普及および改良のため業務提携を結びました。

 

■ 穂海ノウハウを反映させた“現場で愛されるアグリノート”を目指します

 アグリノートはサービス提供開始以来、ご利用いただく皆様の声を反映する形で企画・開発を進めてきました。航空マップ上での圃場の管理、モバイルアプリによるかんたん・手軽な作業記録の保存、さらに圃場単位での作業履歴の確認、進捗の可視化、日本GAP協会推奨システム、農機情報との連携など、円滑な営農管理をサポートするツールとなるべく、日々進化を続けています。そしてこのたび、「アグリノート」を大規模稲作生産法人の営農管理に適したツールへ発展させるべく、大規模稲作生産法人のトップランナーである穂海および穂海農耕と業務提携しました。

 穂海・丸田氏は、2008年より日本GAP協会の指導員基礎研修講師として活躍し、延べ4,000人の指導員を育成するとともに、100回以上の講演と50件以上の農場の指導にあたるなど、全国のGAPの普及推進に尽力しています。また穂海農耕は、経営面積145㏊(約1,200筆)の大規模稲作生産法人であり、2006年にJGAPを取得、2016年には穀物で第1号となるJGAP Advance、2017年にはASIAGAPVer.2を取得、さらにGAPへの取り組みが評価され「平成29年度未来につながる持続可能な農業推進コンクール」にて農林水産大臣賞を受賞しました。

※参考:農林水産省プレスリリース http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kankyo/180202.html

 本提携により、穂海および穂海農耕のノウハウを反映させ、大規模稲作生産法人の営農管理に適したツール、さらには現場で愛されるツールを目指して「アグリノート」を進化させてまいります。

 

穂海スタッフPhoto
有限会社穂海農耕従業員のみなさま(左上:丸田氏)

 

■ 「アグリノート」の主な機能

 航空マップでの圃場管理、作業記録、生産記録、収穫記録、出荷記録、モバイルアプリでの操作、GPS機能を活用した作業記録、カレンダーでのスケジュール・履歴管理、圃場単位での履歴確認、圃場マップでの作業進捗確認、コストと収支の管理、データの出力、生産履歴の二次元バーコード発行など。

 

《株式会社穂海 企業情報》
会 社 名:株式会社穂海
所 在 地:新潟県上越市板倉区田屋104番地2
代 表 者:代表取締役 丸田 洋
設  立:2011年6月1日
事業内容:米穀の集荷・販売、作業受委託業務(農作業、精米・出荷業務)、
米穀の農産物検査、農場運営コンサルティング、
農業者向け研修・講習の立案と運営
ホームページURL:http://www.houmi.jp/

 

《有限会社穂海農耕 企業情報》
会 社 名:株式会社穂海
所 在 地:新潟県上越市板倉区田屋104番地2
代 表 者:代表取締役 丸田 洋
設  立:2005年12月1日
事業内容:水稲の栽培、作業受託業務

 

《ウォーターセル株式会社 企業情報》
会 社 名:ウォーターセル株式会社
所 在 地:新潟県新潟市中央区笹口2-13-11 笹口I・Hビル2階
代 表 者:代表取締役社長 長井啓友
設  立:2011年7月14日
事業内容:農業情報プラットフォーム、農業支援システムアグリノートの開発・運営
ホームページURL:http://water-cell.jp/
アグリノートURL:http://www.agri-note.jp/


 

アセット 1 (3) 【プレスリリース】株式会社穂海、有限会社穂海農耕との業務提携について