アグリノート活用法

トップページ アグリノート活用法 アグリノート知恵袋 アグリノートの知恵袋 #031【作付設定】名前のつけ方のコツ|品種・作業期間ごとに作付を設定する

アグリノートの知恵袋 #031【作付設定】名前のつけ方のコツ|品種・作業期間ごとに作付を設定する

品種・作業期間ごとに作付を設定する

031

 

達成できること
同一品種でも年別に進捗、コストを管理できる

 

手順

① 設定 > 作付で、作付名を『品種』と『作業年』を組み合わせて設定する

《例》
水稲の場合:コシヒカリ 2020
果樹の場合:ラフランス-2020  など

② 設定 > 作付で、各作付の作業期間を設定する
③ 次年度の設定でも、同じように作付名を付けて記録、管理する

 

ポイント

● ほうれん草など1年で数回作付を行うものは、『品種』『作業年』『作付回数』を組み合わせると、年毎と同じように記録、管理できます。

《例》
クローネ2020-1 [作業期間:2020.01.10~2020.04.30]
クローネ2020-2 [作業期間:2020.02.01~2020.05.31]

● 同じ作付でも前期と区別して進捗、コストを管理できます。

 


 
アセット 1 (3) 【アグリノートの知恵袋】 #031 【作付設定】名前のつけ方のコツ|品種・作業期間ごとに作付を設定する

 


 

アグリノートで何ができるの?どうやったらできるの?
活用のコツが詰まった『アグリノートの知恵袋』

chiebukuro@2x

すべての記事はこちらからご覧ください