プレスリリース

トップページ プレスリリース 「アグリノート」 と ヤマハ発動機 「YSAP」 の連携サービス開始

「アグリノート」 と ヤマハ発動機 「YSAP」 の連携サービス開始

~アグリノート上でスマートな農薬散布や施肥の管理を実現!~
「アグリノート」 と ヤマハ発動機 「YSAP」 の連携サービス開始

 

 ウォーターセル株式会社(本社:新潟県新潟市、代表取締役:長井 啓友、以下「ウォーターセル」)とヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市、代表取締役社長 日髙 祥博、以下「ヤマハ発動機」)は、ウォーターセルが提供する農業ICTツール「アグリノート」においてヤマハ発動機が提供するYamaha Motor Smart Agriculture Platform(以下「YSAP」)との連携オプションの提供を、2020年7月29日より開始しました。

 

■ドローンの稼働情報を管理するシステムと連携。情報を一元管理

 ウォーターセルの提供する農業ICTツール「アグリノート」は、農場を航空写真マップで可視化し、農作業および圃場の管理やスタッフ間の情報共有をサポートする営農支援システムです。PCブラウザのほか、専用のアプリを利用することで、スマートフォンやタブレットからも農作業記録や作物の生育記録の入力・閲覧ができます。
ヤマハ発動機の提案する「YSAP」は、防除・追肥作業計画の管理、作業履歴や作業中の機体の飛行位置情報などを、操作性に優れた画面で簡単に管理できます。このサービスは、ドローンや産業用無人ヘリコプターなどと併用することで、高効率・高精度な防除・追肥作業や散布作業のデータを管理し、散布作業の価値と効率を高めることを狙いとしています。

 「アグリノート」と「YSAP」の連携サービスを利用することで、YSAPで管理されるドローン情報からアグリノート上に自動で作業記録が登録され、日々登録する営農記録と共にアグリノート上で照合することにより、作物の栽培経過のより正確・詳細な管理を実現します。

 

YSAP連携プレスリリース用
アグリノート×YSAP 連携概要

 

■アグリノート・YSAP連携機能のリリース

 下記「アグリノート」と「YSAP」連携機能を2020年7月29日にリリースします。生産者の農作業記録の負担、コスト・品質管理の負担を軽減し、儲かる農業経営を実践する生産者を強力にサポートします。

  ○ 機体登録機能:YSAP登録済みの所有機体を自動登録
  ○ 現在地表示機能:オペレーション中のドローン現在地を表示
  ○ 作業記録入力機能:ドローンの稼働情報に応じて自動で作業記録を入力
  ○ 軌跡再生機能:ドローンの稼働情報に応じた飛行軌跡を再生

アグリノートは、今後も生産者の皆さまとともに、更なるサービスの拡充に努めてまいります。

 


 

アセット 1 (3) 【プレスリリース】「アグリノート」 と ヤマハ発動機 「YSAP」 の連携サービス開始